トゥレット当事者会とは

トゥレット症(トゥレット症候群)・チック症当事者とその家族のQOL向上、当事者の自立支援を目的とし、2019年8月11日に設立された任意団体(NPO)です。

現在の主な活動は、オンラインコミュニティの運営・コミュニティ参加者はトータル520名(2020年3月)、全国でピアサポートを目的とした交流会の開催、当事者同士スポーツを通じて交流を図るTSスポーツクラブ(東京)の運営、トゥレット症(トゥレット症候群)チック症の啓発活動等。

代表挨拶

トゥレット当事者会代表、谷と申します。

私は幼児期に瞬きなどのチック症状を発症し、中学生の頃にトゥレット症になりました。

運動チック、音声チック、複雑チックなど様々な症状がありましたが、現在は複合的な治療により快方に向かっています。

しかしながら、これまでの学生生活や就労において困難が多々ありました、どれだけトゥレット症(トゥレット症候群)に悩まされ、この障害さえなければと考えたことでしょうか。

私は同じ境遇の当事者や、トゥレット症・チック症の子供達が、同じ様な思いをすること無く、少しでも生活しやすくなり、自身の人生に夢や目標を持ち、自立して歩める様になる事をミッションとし、活動させて頂いております。

当事者の一人としても、トゥレット症に対する誤解や偏見が少しでも無くなる様行動して参ります。どうぞ宜しくお願い致します。