チック症状への認知行動療法(ハビットリバーサル・呼吸法・CBIT・ERP)首振りチック改善事例【8歳女の子】

【クライアント】

今回のクライアントは小学2年生(8歳)の女の子、セッション中いつも漢字を書いてお勉強している、笑顔が可愛いAちゃん(仮名)。

【ターゲットにしたチック症状】

首振りチック・・・頭を上下に振る。左右どちらかの肩をすくめながら、または、肩に顎を擦り合わせる様に首を左右に動かす。

初回のインテーク面接時は10秒間に数回と絶えず首振りチックが出ていた

首を振りすぎて、首が痛くなる、具合が悪くなることも度々あった。

【機能分析】

周囲がガヤガヤしている騒がしいうるさい状況、テレビやYouTubeをみている時、食事中、運動をしている時の待ち時間にチック症状が多くなる。

※機能分析とは、どの様な時にチックが出るか?増えているのか?チックが継続されているか?または出ていないか?などを見極めます。

【セッション】

7月後半からチック症状への認知行動療法(ハビットリバーサル・呼吸法/CBIT)のセッションを開始する。

先ずは前駆衝動(チックが出る前のムズムズ感など)への気付きがあるかどうかの確認の為、アウェアネストレーニング(Catch the tic)を行う。

※ハビットリバーサルや呼吸法によりチック症状を改善させる為には、チックが随意運動(意識的)でなければなりません、不随意運動(無意識)の場合はアウェアネストレーニング(気づきの練習)を行い、無意識のチックを意識的なものに変えるトレーニングを行います。

Aちゃんのチック症状が随意運動である事が確認された為、ハビットリバーサルを行う。

ハビットリバーサルにおいて大事なことは「拮抗反応」の選択です。

拮抗反応を簡単に説明すると、チックが同時にできない、競合する動作の事を拮抗反応といいます。

※拮抗反応には基本的なものもありますが、個々に適した拮抗反応をあみだし、それらを適切に使用する事がチック改善のポイントです(難しい事ではないので、考え方さえ理解出来ていれば誰でも行う事ができます)。

首振りチックの基本的な拮抗反応は、顎を胸のほうに押し下げる、または胸に押しつけ、首が動かないようにやや緊張させ固定させます、それと同時に深くゆっくりと深呼吸(呼吸法の1つ)を行います。

ハビットリバーサルのトレーニングでは、チックが出る前のムズムズ感など、つまり前駆衝動を感じたら、拮抗反応を使い、その前駆衝動が無くなるまで、ターゲットにしたチックを出さずにその状態を維持します。

前駆衝動が無くなる時間はチックの種類や個々に異なり、何分何十分もかかる場合もあれば、数秒で消え失せてしまうことも。

Aちゃんの首振りチックは拮抗反応を使い、前駆衝動が20秒くらいでなくなることが多かっです。

セッション中に適切な拮抗反応を見つけ、前駆衝動を消せる事ができたら、今度はホームワークとして、1日決まったタイミングや時間で、首振りチックの前駆衝動を無くすトレーニングを行います。

Aちゃんの首振りチックの場合は、ハビットリバーサル開始後、1日30分のホームワークを行うことにより、1週間後には、セッション開始前に比べて、首振りチックが約7割減、更に1週間後には首振りチックが完全に無くなりましまた。

【経過観察】

セッション開始から約1ヶ月で、ターゲットにしたチック症状が無くなったので、現在は経過観察及び、今後新たなチック症状が発症した時の為に、親子でハビットリバーサル(CBIT)や呼吸法を行い、チックの悪化を防ぎ改善出来るよう、自己対処法の指導を行っています。

※今回ターゲットにした首振りチックの前駆衝動が仮に再発したとしても、指導した拮抗反応や呼吸法を行うことにより、首振りチックの再燃の可能性は低いと私は考えています。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

Aちゃんの場合、幸いにもターゲットにした首振りチックは完全になくなりましたが、チック症状への認知行動療法(ハビットリバーサル・呼吸法・CBIT・ERP)を行なったからといって、全てのチックがゼロになるとは限りません

完全に無くなるチック症状もありますが、チックが出る頻度、その強さや大きさが軽減し、チックは多少あるものの、社会的に目立ちにくくなり、総体的にチック症状が改善し、生活に支障が無くなっていくイメージをお持ち頂ければ幸いです。

現在私がセッションを行う際に、クライアントの方々に必ずご説明することがございます。

これまで多くの方にチック症状への認知行動療法を行い、また私自身重度のトゥレット症当事者であった経験から、チック症状とはアレルギーなどと同様に、体質的(脳機能含め)なものが大きいのではないかと個人的に感じております。

一過性のチック症状などでない限り、治療を行なったからといって、その体質は直ぐに改善されるものではなく、長期的な視点で対応していく必要がある

つまり、持続性チック症やトゥレット症の方は、チックが出やすい体質であり、とあるチックが無くなったとしても、また新たなチックが発症、同じチックが再発、それらの増減を繰り返してしまう可能性がある

だからこそ、それらの発症したチックを悪化させず、チックがあったとしても、その頻度や大きさが弱い穏やかな状態を維持、コントロールする事が必要であり、その対処法を当事者はもとより、親御さんも知っておくことが大切です

対処法がわかれば、チック症状に対する様々な不安や心配を、少なからず減らす事が出来るのではないでしょうか?

その方法のひとつがチック症状への認知行動療法(ハビットリバーサル・呼吸法・CBIT・ERP)であるということです。

チック症状への認知行動療法も含め、必要であれば薬物療法など様々な対症療法を用いながら、チック症状の悪化を防ぎ、当事者のQOL(生活の質)を低下させない

そして、お子様の成長と共に健全な生活の中から、その体質が改善されていくことを目指す、これらが今私達に出来ることなのかもしれません。

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

チック症状への認知行動療法(ハビットリバーサル・呼吸法/CBIT/ERP)をご希望の方は、下記 1~8 をご記載の上、下記メールアドレスまでご連絡ください。

※セッション開始前にインテーク面接(無料)を実施いたします、現病歴などチックの経過を詳しくお伺いし、チック症状への認知行動療法とはどの様な事を行うのか、どんな効果を期待できるのかご説明いたします。その後セッションをお受けになるか否かをご判断頂いております。

※現在も無料でオンラインセッションを行っていますが、予約が込み合っており、セッション開始までお日にちを頂いく場合がございます、セッションをご希望の方は日程に余裕を持ってお早めにお問い合わせください。

  1. 題名に認知行動療法
  2. お名前
  3. 当事者とのご関係(当事者又は保護者など)
  4. 当事者のご年齢
  5. 当事者の性別
  6. お住まいの地域
  7. 電話番号
  8. 現在困っているチック・トゥレットの症状

認知行動療法申し込み先▶✉️ tourette.jp@gmail.com