認知行動療法(CBIT・ERP)を行った感想

2019年10月頃より、東京大学医学部附属病院にて公認心理師・臨床心理士による認知行動療法のセッションを受け始めました。これまでの詳細はFacebookグループ「トゥレットの部屋」に投稿しておりますが、今回は認知行動療法(CBIT&ERP)の総評として個人的見解を投稿致します。

まずはじめに、トゥレット症チック症といっても症状の度合いが個々で全く異なることをご理解下さい。

  • 暫定的チック症(1年未満)
  • 慢性チック症(運動チックor音声チック1年以上)
  • トゥレット症(運動チック& 音声チック1年以上)
  • 難治性トゥレット症(大人になっても一定以上の症状のトゥレット症)

更にチックの種類、一つ一つのチックの頻度、大きさ、連動性、複雑性、併発する障害など様々な事を考慮しなければなりません。

そこでチックの重症度尺度となるYGTSS(Yale Global Tic Severity Scale、医療機関で計測可)をひとつの目安とすることが出来ます。

※YGTSSスコア表は医療従事者のみ使用可の為、公開する事は出来ませんが、後日ご自身でも計測できるオリジナルスコア表をUPしたいと思います。

YGTSSは50点満点若しくは100点満点で計測、100点満点は数値にバラツキが出る為、50点満点で比較した方が良いかと思います。

認知行動療法を行う前の私のYGTSSスコア38/50点、YGTSSは一般的に35点から重症と言われており、35点以上がDBS手術の一つの参考値になっているそうです。25点前後が中度、20点未満が軽症と言えるかもしれません。当然ながら0点がチックなしです。

以上を踏まえた上でここから私が受けたCBITについて記載していきます。

そもそもCBIT(Comprehensive Behavioral Intervention for Tics チックの為の包括的行動的介入)をとても簡単に説明すると

  1. 機能分析(チックトリガーの除去)
  2. リラクゼーション(呼吸法・漸進的筋弛緩法)
  3. ハビットリバーサル(認知行動療法)

以上3要素から成り立っております

1セッション60分、計11セッションを数ヶ月の間に実施します。

①機能分析…どの様な時にチックが出現するか?また悪化するのか?私の場合は仕事中です。これらを心理士と一緒に分析し除去出来るものはHRTに入る前に対処します。

②リラクゼーション…これらは当事者がリラックスする為の方法です。

  • 呼吸法…腹式呼吸で鼻から4秒吸って鼻から6秒吐く、鼻から3秒吸って口から7秒吐くなど当事者が最もリラックス出来る呼吸法。
  • 漸進的筋弛緩法…ネットで検索すれば様々な方法が見つかりますが、例えば両肩を上げ、6秒間7割の力を入れたまま保つ、肩の力を抜き両肩を下ろし、20秒間力を抜く。このような事をチックが発症する部位の筋肉で行う事により、チックで凝り固まった緊張を解すことが出来る、力を入れて力を抜く事が大事ですが、ストレッチも有効的です。

③ハビットリバーサル…①と②は直ぐに実行できると思うのですが、このハビットリバーサル(HRTハビットリバーサルトレーニング)がCBITの一つのポイントになります。

ハビットリバーサルとは?

Habbit reversal (習慣の逆転)

つまりチックの動作と逆の動作を行いチックを制御するというものです。

簡単な例を上げると、瞬きチックをHRTで対処するならば、瞬きとは逆の動き、つまり「目を見開く」のです、この「目を見開く」動作の事をHRTでは「拮抗反応」と言います

HRTでは、瞬きをしたくなる衝動を感じる度この拮抗反応を衝動がなくなるまで継続します、日々このトレーニングを続ける事によって「瞬きチックの習慣」を無くすことが出来るというのがHRTの考えです。

私がHRTを行い感じたイメージでお話すると

とあるチックを出したくなる衝動が先ず脳に指令として現れます、これを「前駆衝動」または「チックシグナル」といいます

※小さなお子さんの場合、前駆衝動を感じずにチックを出している場合もあります、その際はAwareness training(気づきの訓練)を行います

前駆衝動を感じたらチックと相反する「拮抗反応」を行い前駆衝動をブロックする、簡単に言うと我慢です、我慢というとネガティブに感じてしまいますが、拮抗反応は我慢をサポートする動作とお考え下さい

拮抗反応を続けるうちに前駆衝動が消失または軽減します、これを常に繰り返す事により今までの習慣(前駆衝動を感じたらチックを出す)をリプログラミングするのがHRT(ハビットリバーサルトレーニング)、チックを出さなくても前駆衝動に対処する事が出来るのだと新たに脳に教えるのです

そしてHRTとしてもう1つ大事なこと

それは、前駆衝動を再発させにくい動作である場合がある、これは特に私が個人的に感じた事なので他のセラピストが同様の考えを持っているかは分かりません。

※CBITについては特設ページを設けHRTのやり方を詳細に記載する予定です

つまり、HRTとは

チックの前駆衝動をブロックし、前駆衝動が再発しにくい動作を身につけ、それらを脳にリプログラミングし、体に記憶させる事で、習慣の逆転を無意識に実行させるトレーニング、認知行動療法。

しかしながら重症に値する私は、かなり努力したつもりでありますが、チックはまだ完治していません

YGTSSで言えば38→29に改善(CBITとERPにより)ERPとは、暴露反応妨害法というOCD(強迫性障害)に対処する認知行動療法、こちらも特設ページにて詳細を公開する予定です。

CBITには少し前の物ですが、アメリカでのエビデンスがあります、それを踏まえ個人的見解を申すと、YGTSS中程度つまり25点位の方に最も効果がでやすく、重症者や軽症者には効果が出にくい印象があります

また、CBITを行うことにより前駆衝動を完全に無くすことはできないという権威のある所から論文が数年前新たに発表されています。エビデンスにも記載されていますが、CBITで改善されたYGTSSの平均スコアは約7点、私が受けた感想としても限りなくゼロに近い前駆衝動になったチックもあれば、そうでないチックもあります。

私はこの残った前駆衝動がトゥレット症の本体、つまり認知行動療法で軽減できた前駆衝動は強迫症や不安障害様々な精神的要因により増悪したチックではないのかと考えています

冒頭に説明した通り、このトゥレット症の本体、このベースが強ければ難治性トゥレット症になりやすく、またそのベースが子供の頃に改善されると自然にチックも消滅するのではないかと感じています。

※ここまでYGTSSのスコアを参考にしてきましたが、もしかしたらこのトゥレット症のベース自体はYGTSSでも反映できていないのではと感じています、強迫や不安障害などでチックが増悪していれば、トゥレット症のベースに関係なくYGTSSのスコアも高くなるはずです。つまりスコアが高いから難治性トゥレット症と判断するのではなく、改善される余地は十分にあり、重要視するべきは精神的要因を除いたトゥレット症の本体、ベースであり、YGTSSは参考の一つとして捉えるべきかも知れません。

私のYGTSSスコアは38/50、これはCBITを行うには正直高すぎると感じます、その為ERPの考えも併用し複合的に対処しましたが、通常より要した時間も精神的負担も大きかったのではと感じています

そもそも一定以上の年齢の当事者は既にHRTのような事を自ら編み出し行っています、その上でのYGTSSという事も考慮しなければなりません

ともあれ私自身の結果からも分かるように、認知行動療法(CBIT・ERP)はトゥレット症に対処する有効な手段の1つであると思います。

それと同時に、エビデンスにも記載されている通り、万人に効果を発揮するものでは無いということ、そして論文にもある様トゥレット症の根本的治療法でもないという事も合わせて理解しておくべきだと思います。

長くなりましたが、以上が認知行動療法に対する現段階の私の個人的見解です、今後はこのトゥレット症(トゥレット症候群)のベースに対処するべく根本的治療を目指します

既に次の検証すべき治療は決まっていますので、改めて投稿致します。