チックへの認知行動療法とは?

何故チックが出るのか、何故チックをしたくなるのか、その原理と理屈、様々な悪化因子(チックトリガー)を把握します。そしてチックが起こりにくい環境を整えながら、当事者自らがチックの前駆衝動を鎮め、チックをコントロールする方法を学び、チックを改善させる一種のトレーニングのようなことを行います。

前駆衝動とは、チックが起こる前の体の違和感(ムズムズやモヤモヤなど)のことをいい、この前駆衝動を解消する為に当事者はチックを出している場合があります。

チックへの認知行動療法では、この前駆衝動の対処の仕方を学び、チックではない、チックよりも目立たない別の方法で、前駆衝動を解消する方法を習得します。

チック症状が自分でコントロール出来ることを理解することにより、当事者はチックに怯えることなく、精神的にも健全になり、チック症状が更に改善していく可能性があります。

現在、認知行動療法は、うつ病や不安障害(パニック障害、社交不安障害、心的外傷後ストレス障害、強迫性障害など)、不眠症、摂食障害、統合失調症などの多くの精神疾患に効果があることが実証され、広く使われています。

一般的な(チック以外への)認知行動療法の認知療法とは、認知に働きかけて気持ちを楽にする精神療法(心理療法)の一種です。認知は、ものの受け取り方や考え方という意味です。ストレスを感じると私たちは悲観的に考えがちになって、問題を解決できないこころの状態に追い込んでいきますが、認知療法では、そうした考え方のバランスを取ってストレスに上手に対応できるこころの状態をつくっていきます。

行動療法では、クライアントが現在抱えている行動上の問題(たとえば、恐怖症、習癖など)に焦点を当て、それらの問題は、「その場面に対して、何らかの原因で、不適切な反応(感情や行動)を結びつけ、それが習慣化してしまったこと」によるか、「その場面に対して、適切な反応(感情や行動)をまだ習得していないこと」によって起きていると考えます。

認知行動療法では、クライアントとセラピストが共同して行動面での治療目標を立て、さまざまな技法を用いて不適切な反応を修正します。たとえば、楽しい雰囲気の中で、スモールステップで、徐々に恐怖対象に近づき、慣れるようにさせたり、賞賛やごほうび等を用いて、新しく適切な反応(感情や行動)を習得させます。

チックへの認知行動療法は、日本国内ではまだまだ一般的ではなく、ごく一部でしか行われていません。

しかしながら欧米では、チックへの認知行動療法(CBIT/ハビットリバーサル)が、一般的なカウンセリングよりも高い効果があると立証され、薬物療法同様にチック症トゥレット症の治療法として普及しつつあります。

チックへの認知行動療法は、特に行動療法の役割が大きく、CBIT/ハビットリバーサル(習慣逆転法)・呼吸法・ERP(暴露反応妨害法)の要素を複合的に取り入れた手法がチック症状に有効であると筆者は考えます。

不随意運動もしくは半随意運動といわれるチック症状を、無意識から意識的なものに変え、自分の意思で管理コントロールする手法を学び、チックの悪化を防ぐ、または悪化したチック症状を軽減する事が出来ます。

チックへの認知行動療法とは、症状の完治を目指すものではありません、チック症状をより正しく理解し、間違った習慣・行動・思考を改善させ、チック症状を改善させる為の、トレーニング、エクササイズの様な事を行います、従いましてその効果や改善度合いも個々に異なります。

筆者は東京大学医学部附属病院の治験にトゥレット症当事者として参加させていただき、この療法の専門家である公認心理師/臨床心理士の先生よりご教示いただきました。

当会では、ご指導いただいた内容を基に、国内外様々な文献より学び、実際のセッションで効果があった方法や、当事者としてのエッセンスを加え、オンラインセッションを行っております。

【参考文献】国立精神・神経医療研究センター/認知行動療法センターHP、CBITセラピストガイド、厚生労働省HP心の健康、一般社団法人日本臨床心理士会HP

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

現在トゥレット当事者会では、チックへの認知行動療法(CBIT/ハビットリバーサル・呼吸法・ERP)のオンライン(Zoom)セッションを行っています。

音声チックの改善方法(コントロール方法)である呼吸法の指導、CBITの主軸となるハビットリバーサル(HRT習慣逆転法)の指導、ERP(強迫性障害の為の認知行動療法)の考えも取り入れ、複合的にチック症状にアプローチし、改善を目指します。

重度のトゥレット症当事者であったからこそ理解できるチック症状の仕組み、汚言症や自傷系チック等複雑チックに対する改善方法、私自身にも実際に効果があった方法、どの様に改善してきたかも併せてお伝え致します。

チック症状への認知行動療法(CBIT/ハビットリバーサル・呼吸法・ERP)オンラインセッションをご希望の方は、こちらよりお申し込みください。

※現在予約が大変混みあっている為、個人セッションのお申し込みを一時的に中止いたしております。個人セッションをご希望の方は、先ずは認知行動療法体験交流会にご参加ください。

当会からの返信メールアドレスは、tourette.jp@gmail.comです。稀に迷惑メールに振り分けられてしまう場合もございますので、ご確認をお願いいたします。

返信は基本メールを頂いてから3日以内にお送りいたします。4日以上経過しても当会からの連絡がない場合、メッセージが正しく送信出来ていない、または当会からのメールが受信できない設定になっている可能性がございます。その際はお手数ですが、下記メールアドレスを指定受信していただき、その旨ご記載の上 tourette.jp@gmail.com までご連絡ください。

【CBT(認知行動療法)改善事例】