チック症トゥレット症(トゥレット症候群)の為の認知行動療法とは、何故チックが出るのか?何故チックをしたくなるのか?その原理と理屈、様々な悪化因子を把握し、当事者自らがチックの前駆衝動を鎮め、チック症状をコントロールする方法を学び、その症状を軽減させる為の一種のトレーニングです。

認知行動療法の認知療法とは、認知に働きかけて気持ちを楽にする精神療法(心理療法)の一種です。認知は、ものの受け取り方や考え方という意味です。ストレスを感じると私たちは悲観的に考えがちになって、問題を解決できないこころの状態に追い込んでいきますが、認知療法では、そうした考え方のバランスを取ってストレスに上手に対応できるこころの状態をつくっていきます。

行動療法では、クライアントが現在抱えている行動上の問題(たとえば、恐怖症、習癖など)に焦点を当て、それらの問題は、「その場面に対して、何らかの原因で、不適切な反応(感情や行動)を結びつけ、それが習慣化してしまったこと」によるか、「その場面に対して、適切な反応(感情や行動)をまだ習得していないこと」によって起きていると考えます。

認知行動療法では、クライアントとセラピストが共同して行動面での治療目標を立て、さまざまな技法を用いて不適切な反応を修正します。たとえば、楽しい雰囲気の中で、スモールステップで、徐々に恐怖対象に近づき、慣れるようにさせたり、賞賛やごほうび等を用いて、新しく適切な反応(感情や行動)を習得させます。

私たちは、自分が置かれている状況を絶えず主観的に判断し続けています。これは、通常は適応的に行われているのですが、強いストレスを受けている時やうつ状態に陥っている時など、特別な状況下ではそうした認知に歪みが生じてきます。その結果、抑うつ感や不安感が強まり、非適応的な行動が強まり、さらに認知の歪みが引き起こされるようになります。 悲観的になりすぎず、かといって楽観的にもなりすぎず、地に足のついた現実的でしなやかな考え方をして、いま現在の問題に対処していけるように手助けします。認知行動療法は、欧米ではうつ病や不安障害(パニック障害、社交不安障害、心的外傷後ストレス障害、強迫性障害など)、不眠症、摂食障害、統合失調症などの多くの精神疾患に効果があることが実証されて広く使われるようになってきました。

そして数年前より、チック症・トゥレット症(トゥレット症候群)に対しても行われるようになり、一定の効果(全ての方に効果がある訳ではなく、改善度合いも個々に異なります)が欧米で立証されています。

行動療法の中でも呼吸法・ハビットリバーサル・CBIT・ERPの要素を複合的に取り入れた手法がチック症トゥレット症に特に有効です。

※チック症・トゥレット症(トゥレット症候群)の為の認知行動療法とは、症状の完治を目指す根本治療ではありません、チック症状や強迫症状を正しく理解及び認知し、間違った習慣・行動・思考を改善させる、いわばトレーニングの様なものです、従ってその効果や、改善度合いも個々様々です。

私は東京大学医学部附属病院で、公認心理師/臨床心理士より、トゥレット症当事者として、これらの行動療法の治験に参加し、ご指導頂きました。

当会は、ご指導頂いた内容、実際のセッションで効果があった方法、私自身の体験を通じてそれらを皆様にお伝えしていけたらと考えています。

しかしながら本来その様なことは公認心理師、臨床心理士や医師などの医療従事者の方々が担うべき役目ですが、現在国内にその知識を有する方は数える程も存在しないのが事実

従って認知行動療法の当事者への指導及び医療従事者への普及も、トゥレット当事者会にとっての責務であると感じています。

▪認知行動療法CBT(CBIT)は東京大学医学部附属病院こころの発達診療部にて研究も兼ねたセッションが行われています。

詳しくは東大病院こころの発達診療部へ直接お問い合わせ下さい。

【参考文献】国立精神・神経医療研究センター/認知行動療法センターHP、CBITセラピストガイド、厚生労働省HP心の健康、一般社団法人日本臨床心理士会HP

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

トゥレット当事者会では、チック症・トゥレット症(トゥレット症候群)の為の認知行動療法の個人セッションを行っています。

音声チックの改善方法(コントロール方法)である呼吸法の指導、CBITの主軸となるハビットリバーサル(HRT習慣の逆転)の指導、ERP(強迫性障害の為の認知行動療法)の考えも取り入れ、複合的にチック症状にアプローチし、改善を目指します。

トゥレット症の当事者であるからこそ理解できるチック症状の仕組み、汚言症や自傷系チック等複雑チックに対する改善方法も指導致します。

また、集団認知行動療法(グループセラピー)として複数人での開催も予定しております。

現在は1人でも多くの方にこの方法をお伝えしたく全て無料で行っています、認知行動療法の個人セッションをご希望の方、無料相談をご希望の方は、下記よりお気軽にお問い合わせください、順に対応させて頂きます。

- お問い合わせ方法 -

  1. 題名に認知行動療法
  2. お名前
  3. 当事者とのご関係(当事者又は保護者など)
  4. 当事者のご年齢
  5. 当事者の性別
  6. お住まいの地域
  7. 電話番号(任意)
  8. 現在困っているチックの症状

1~8までご記入の上こちらよりご連絡下さい、順番にご連絡させて頂きます。※返信が遅くなる場合があります、予めご了承ください。