音声チックの改善方法『呼吸法』のポイント⑤

リラクゼーションを目的とした腹式呼吸は

息を吐く時が大事

息を吐くのと同時に体内のストレスを一緒に吐き出す感じで息を吐きましょう、そうする事により心身共にリラックスし、チック症状全般に効果を発揮します。

音声チックの前駆衝動を鎮める時の呼吸法は

息を吸う時が大事

実は私達は息の吸い方により音声チック(発声)の前駆衝動が増してしまいます

呼吸法は音声チックの前駆衝動を増加させない、軽減させるのではなく、出現させないテクニックなのです。

リラクゼーションを目的とした腹式呼吸では、リラックス出来る落ち着いた状況下では有効的ですが、学校での授業中、仕事中、日常生活においては他の事が疎かになってしまいます。

チック症・トゥレット症(トゥレット症候群)当事者は、チック症状をコントロールしつつ日常生活を送らなければなりません

その時に有効的なのが後者の呼吸法です、これをマスターする事により更にチックをコントロールする事が可能になります。

呼吸法を行う時は息を吸う時に着目してください

そこにヒントがあります。

※チック症・トゥレット症(トゥレット症候群)の音声チック(発声・奇声・叫び声・汚言症等)は呼吸法を行えば自分で改善できる!!